労働保険事務組合

労働保険の加入は、当事務所併設
労働保険事務組合「豊橋労働保険研究会」にご相談ください。

労働保険事務組合とは

事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣の認可を受けた中小事業主等の団体です。労働局長から労働保険の事務処理をすることを認可された組合であり、労働保険の保険料の申告や計算、労働基準監督署及び公共職業安定所への書類提出など労働保険に関する事務の一切を貴社に代わって行います。

事務委託をした場合の特典

事務処理の一切を事業主に代わって行いますので、事業主の事務が軽減されます

関係官庁への事務手続きや労働保険料の申告及び納付を、事業主に代わって行うことで、事業主の労力が省け、時間の有効利用ができます。また、事務員等にかかる費用の節約になります。

労働保険料を金額にかかわらず3回に分割して納付することができます。

労働保険料が多額の場合には年3回の分割納付が認められていますが、労働保険事務組合に事務を委託した事業主に関しては、労働保険料の額にかかわらず、この分割納付の制度が適用になります。

事業主及び家族従事者も労災保険に加入することができます(特別加入)

この制度は、労働保険事務組合に事務を委託することを積極的に推進するために設けられているもので、この制度に加入するために労働保険事務組合に事務を委託したという事業主も数多くいます。

委託できる事務手続き

労働保険事務組合に委託する労働保険事務の範囲は、事業主が行うこととされている次の事務のすべてとされています。

  • 労働保険料の申告及び納付に関する手続き。
  • 保険関係成立届、雇用保険の事業所設置届等の提出に関する手続き。
  • 雇用保険の被保険者資格の取得及び喪失の届出、被保険者の転入及び転出その他雇用保険の被保険者に関する届出等に関する手続き。
  • 労災保険の特別加入申請、変更申請、脱退申請等に関する手続き。
  • 労働保険事務処理の委託、委託解除に関する手続き。
  • その他労働保険の適用徴収に係る申請、届出、報告等に関する手続き。


ご依頼いただいてからの流れ

  • 各種届出・申請のご依頼
    (電話・Eメール)
  • 担当所員によるヒアリング
  • 各種書類の手配
  • 捺印のため、書類を郵送
    (必要な場合のみ)
  • 御社より書類のご返送
  • 各役所への提出
  • 完了のご連絡
お客様にやっていただく内容
弊社がお手伝いする内容

このページのトップへ