会社のしくみ作り

「就業規則」で会社とスタッフを守る

「就業規則」とは「会社のルール本」です。就業規則がしっかりしていて、スタッフにその内容が熟知されていれば、会社のやり方に戸惑うことはないはずです。それなのに、多くの企業ではただ単純によくある雛形を少し改変したものが、そのまま使われていたりします。そのような「就業規則」にあなたの会社のルールが正しく反映されているといえるでしょうか?
会社のルールを正しく反映しオリジナリテイーを高めた「就業規則」であれば、スタッフも納得して仕事に打ち込むことができ、モチベーションを高く維持し、生産性をアップすることができます。
「就業規則」は法改正に対応することはもちろん必要ですが、「会社のリスク管理」「スタッフのモチベーション・モラルの向上」という2つの視点に立って作成・改良することで、会社のリスクの回避や、無駄な出費を抑え、会社の売上げを伸ばす社内環境を築くことが出来たり、スタッフの働きやすさを実現するためにもなくてはならないものなのです。

ご依頼をいただいてから作成までの流れ

  • ご依頼先へ訪問しヒアリング
  • 就業規則を作成
  • 再度訪問し内容説明
  • 最終調整・仕上げ
    完成
  • 完成した就業規則を
    労働基準監督署へ提出
※賃金規程や各種規程の作成も同じ流れになります。

このページのトップへ